日立INSにメールフィルタリング監査ツール「WISE Audit」をOEM提供(エアー) | ScanNetSecurity
2021.09.24(金)

日立INSにメールフィルタリング監査ツール「WISE Audit」をOEM提供(エアー)

 株式会社エアーは11月17日、同社が提供するメッセージフィルタリング&アーカイブツール「WISE Auditバージョン1」を、日立アイ・エヌ・エス・ソフトウェア株式会社(日立INS)にOEM提供する契約を締結したと発表した。「WISE Audit」は、電子メールの弱点によるリスク

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社エアーは11月17日、同社が提供するメッセージフィルタリング&アーカイブツール「WISE Auditバージョン1」を、日立アイ・エヌ・エス・ソフトウェア株式会社(日立INS)にOEM提供する契約を締結したと発表した。「WISE Audit」は、電子メールの弱点によるリスクの最小化とメール保存の法制化への対応が同時に行えるメッセージフィルタリング監査ツール。今回の契約により日立INSは、日立製作所の統合システム運用管理ソフトウェア「JP1」および「SANRISE9900Vシリーズ」、「HA8000シリーズ」等と「WISE Audit」を組み合わせ、大規模ユーザ向けのメッセージングソリューションを提供するとのこと。なお、今秋発売のWISE Audit新バージョン「WISE Auditバージョン1.1」では、アーカイブ機能が大幅に拡張されており、使用するサイトのリソース規模や検索ニーズに応じた保存メール検索方法を提供している。同製品の価格は100ユーザライセンス パッケージで800,000円。

http://www.air.co.jp/release/release_11.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×