10月のコンピュータウイルスの届出状況を発表(IPA/ISEC) | ScanNetSecurity
2021.09.17(金)

10月のコンピュータウイルスの届出状況を発表(IPA/ISEC)

 情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は11月5日、2003年10月のコンピュータウイルスの届出状況を発表した。10月の届出件数は、1,602件と9月の1,794件より減少したが、2003年の月平均約1,400件を上回る状況となった。2003年9月に出現したW32/Swenウイ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は11月5日、2003年10月のコンピュータウイルスの届出状況を発表した。10月の届出件数は、1,602件と9月の1,794件より減少したが、2003年の月平均約1,400件を上回る状況となった。2003年9月に出現したW32/Swenウイルスの届出が506件(9月219件)と倍増した。このウイルスは、修正プログラムの適用を促すメッセージを本文に記載し、送信者アドレスをMicrosoftとすることで、あたかもMicrosoftからの通知のように装っている。W32/MSBlasterの出現以後、セキュリティホールを解消する意識が高まったなかで、ユーザの心理を突いた巧妙な手口が使われており、騙されないよう細心の注意が必要であると、IPA/ISECは警告している。

http://www.ipa.go.jp/security/txt/2003/11outline.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×