10月のコンピュータウイルスの届出状況を発表(IPA/ISEC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

10月のコンピュータウイルスの届出状況を発表(IPA/ISEC)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は11月5日、2003年10月のコンピュータウイルスの届出状況を発表した。10月の届出件数は、1,602件と9月の1,794件より減少したが、2003年の月平均約1,400件を上回る状況となった。2003年9月に出現したW32/Swenウイルスの届出が506件(9月219件)と倍増した。このウイルスは、修正プログラムの適用を促すメッセージを本文に記載し、送信者アドレスをMicrosoftとすることで、あたかもMicrosoftからの通知のように装っている。W32/MSBlasterの出現以後、セキュリティホールを解消する意識が高まったなかで、ユーザの心理を突いた巧妙な手口が使われており、騙されないよう細心の注意が必要であると、IPA/ISECは警告している。

http://www.ipa.go.jp/security/txt/2003/11outline.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×