Linuxサーバ向けアンチウイルスソフトの新バージョンを発表(HDE) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

Linuxサーバ向けアンチウイルスソフトの新バージョンを発表(HDE)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社ホライズン・デジタル・エンタープライズ(HDE)は11月11日、Linuxサーバ向けアンチウイルスソフトウェアの最新バージョン「HDE Anti-Virus 3.5 for Server」および、「HDE Anti-Virus 3.5 for Gateway」を12月4日より、全国のパートナー・ソフトウェア販社経由で販売開始すると発表した。同製品シリーズは、Linuxサーバにアンチウイルス機能を付加するソフトウェア。前バージョンまでは、導入にホストアプリケーションとしてHDE ControllerもしくはHDE File Serverが必要だったが、3.5シリーズよりHDE Anti-Virus単体で稼動が可能なった。価格は、「HDE Anti-Virus 3.5 for Server」50,000円、「HDE Anti-Virus 3.5 for Gateway25ユーザ版」117,000円〜。

http://www.hde.co.jp/press/pressrelease/release.php?rd=200311110
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×