Linuxサーバ向けアンチウイルスソフトの新バージョンを発表(HDE) | ScanNetSecurity
2021.09.25(土)

Linuxサーバ向けアンチウイルスソフトの新バージョンを発表(HDE)

 株式会社ホライズン・デジタル・エンタープライズ(HDE)は11月11日、Linuxサーバ向けアンチウイルスソフトウェアの最新バージョン「HDE Anti-Virus 3.5 for Server」および、「HDE Anti-Virus 3.5 for Gateway」を12月4日より、全国のパートナー・ソフトウェア販社経

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社ホライズン・デジタル・エンタープライズ(HDE)は11月11日、Linuxサーバ向けアンチウイルスソフトウェアの最新バージョン「HDE Anti-Virus 3.5 for Server」および、「HDE Anti-Virus 3.5 for Gateway」を12月4日より、全国のパートナー・ソフトウェア販社経由で販売開始すると発表した。同製品シリーズは、Linuxサーバにアンチウイルス機能を付加するソフトウェア。前バージョンまでは、導入にホストアプリケーションとしてHDE ControllerもしくはHDE File Serverが必要だったが、3.5シリーズよりHDE Anti-Virus単体で稼動が可能なった。価格は、「HDE Anti-Virus 3.5 for Server」50,000円、「HDE Anti-Virus 3.5 for Gateway25ユーザ版」117,000円〜。

http://www.hde.co.jp/press/pressrelease/release.php?rd=200311110
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×