Linuxサーバ向けアンチウイルスソフトの新バージョンを発表(HDE) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

Linuxサーバ向けアンチウイルスソフトの新バージョンを発表(HDE)

 株式会社ホライズン・デジタル・エンタープライズ(HDE)は11月11日、Linuxサーバ向けアンチウイルスソフトウェアの最新バージョン「HDE Anti-Virus 3.5 for Server」および、「HDE Anti-Virus 3.5 for Gateway」を12月4日より、全国のパートナー・ソフトウェア販社経

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社ホライズン・デジタル・エンタープライズ(HDE)は11月11日、Linuxサーバ向けアンチウイルスソフトウェアの最新バージョン「HDE Anti-Virus 3.5 for Server」および、「HDE Anti-Virus 3.5 for Gateway」を12月4日より、全国のパートナー・ソフトウェア販社経由で販売開始すると発表した。同製品シリーズは、Linuxサーバにアンチウイルス機能を付加するソフトウェア。前バージョンまでは、導入にホストアプリケーションとしてHDE ControllerもしくはHDE File Serverが必要だったが、3.5シリーズよりHDE Anti-Virus単体で稼動が可能なった。価格は、「HDE Anti-Virus 3.5 for Server」50,000円、「HDE Anti-Virus 3.5 for Gateway25ユーザ版」117,000円〜。

http://www.hde.co.jp/press/pressrelease/release.php?rd=200311110
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×