10月のインターネット・セキュリティレポートを発表(シマンテック) | ScanNetSecurity
2021.09.17(金)

10月のインターネット・セキュリティレポートを発表(シマンテック)

 株式会社シマンテックは11月6日、2003年10月度の「ウイルス被害ランキング」と「不正アクセスランキング」を発表した。レポートによると10月のウイルス被害1位は日本国内・全世界ともに「Trojan Horse」であった。以下、国内では2位に「W32.Klez」、3位に「W32.Bugbea

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社シマンテックは11月6日、2003年10月度の「ウイルス被害ランキング」と「不正アクセスランキング」を発表した。レポートによると10月のウイルス被害1位は日本国内・全世界ともに「Trojan Horse」であった。以下、国内では2位に「W32.Klez」、3位に「W32.Bugbear」、4位に「W32.Swen.A@mm」がランクインした。9月に発見されたウイルスSwen(スウェン)は、国内・海外ともに引き続き多くの被害が報告されている。また、10月は危険度の高いセキュリティホールが新たに2つ(MS03-043およびMS03-040)発見され、そのうちのひとつ、オブジェクトタグの脆弱性(MS03-040)を悪用したトロイの木馬「Trojan.Qhosts」による被害も報告されている。不正アクセスランキングでは、「Generic WebDAV/Source Disclosure “Translate:f” HTTP Header Request Attacks」や「Microsoft Indexing Server/Indexing Services ISAPI Buffer Overflow Attack」が多数検知され、上位にランクされている。

http://www.symantec.co.jp/region/jp/news/year03/031106.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×