10月のインターネット・セキュリティレポートを発表(シマンテック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

10月のインターネット・セキュリティレポートを発表(シマンテック)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社シマンテックは11月6日、2003年10月度の「ウイルス被害ランキング」と「不正アクセスランキング」を発表した。レポートによると10月のウイルス被害1位は日本国内・全世界ともに「Trojan Horse」であった。以下、国内では2位に「W32.Klez」、3位に「W32.Bugbear」、4位に「W32.Swen.A@mm」がランクインした。9月に発見されたウイルスSwen(スウェン)は、国内・海外ともに引き続き多くの被害が報告されている。また、10月は危険度の高いセキュリティホールが新たに2つ(MS03-043およびMS03-040)発見され、そのうちのひとつ、オブジェクトタグの脆弱性(MS03-040)を悪用したトロイの木馬「Trojan.Qhosts」による被害も報告されている。不正アクセスランキングでは、「Generic WebDAV/Source Disclosure “Translate:f” HTTP Header Request Attacks」や「Microsoft Indexing Server/Indexing Services ISAPI Buffer Overflow Attack」が多数検知され、上位にランクされている。

http://www.symantec.co.jp/region/jp/news/year03/031106.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×