10月のコンピュータウイルスの届出状況を発表(日本ネットワークアソシエイツ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

10月のコンピュータウイルスの届出状況を発表(日本ネットワークアソシエイツ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は、10月のコンピュータウイルスの届出状況を発表した。10月は依然「Nachi」が前月に引き続きトップにあり、マシン件数でも2,001件と他の倍以上を記録。個人やSOHOを中心に依然として蔓延している状況が続いている。また同社は、社内ネットワークに侵入すると複数の手段を利用して繁殖することが特徴の「Swen」について、発見以後コンスタントな拡大が認められるとして、今後とも注意するよう促している。なお、10月31日に発生した新たなウイルス「Mimail.c@MM」については、日本での報告件数はまだ僅かしかあがっていないとのこと。

http://www.nai.com/japan/about/prelease/prelease.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×