10月のコンピュータウイルスの届出状況を発表(日本ネットワークアソシエイツ) | ScanNetSecurity
2021.09.17(金)

10月のコンピュータウイルスの届出状況を発表(日本ネットワークアソシエイツ)

 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は、10月のコンピュータウイルスの届出状況を発表した。10月は依然「Nachi」が前月に引き続きトップにあり、マシン件数でも2,001件と他の倍以上を記録。個人やSOHOを中心に依然として蔓延している状況が続いている。また同社は、

製品・サービス・業界動向 業界動向
 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は、10月のコンピュータウイルスの届出状況を発表した。10月は依然「Nachi」が前月に引き続きトップにあり、マシン件数でも2,001件と他の倍以上を記録。個人やSOHOを中心に依然として蔓延している状況が続いている。また同社は、社内ネットワークに侵入すると複数の手段を利用して繁殖することが特徴の「Swen」について、発見以後コンスタントな拡大が認められるとして、今後とも注意するよう促している。なお、10月31日に発生した新たなウイルス「Mimail.c@MM」については、日本での報告件数はまだ僅かしかあがっていないとのこと。

http://www.nai.com/japan/about/prelease/prelease.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×