ウイルス対策予防訓練サービスの自治体初の導入事例を紹介(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.09.28(火)

ウイルス対策予防訓練サービスの自治体初の導入事例を紹介(トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロ株式会社と株式会社富士通ビジネスシステム(FJB)は10月30日、「トレンドマイクロ アウトブレーク予防訓練プログラム」とFJBのセキュリティソリューションを組み合わせた新サービス「予防訓練サービス」の提供を開始すると発表した。同サービスは、訓

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 トレンドマイクロ株式会社と株式会社富士通ビジネスシステム(FJB)は10月30日、「トレンドマイクロ アウトブレーク予防訓練プログラム」とFJBのセキュリティソリューションを組み合わせた新サービス「予防訓練サービス」の提供を開始すると発表した。同サービスは、訓練用の擬似ウイルスメールを顧客の対象従業員に送付し、ウイルス感染防止のトレーニングを行うというもの。また、各従業員の反応結果を集計・分析し、その結果に基づいたセキュリティソリューションを提供する。サービス提供価格は35万円〜。同サービスは自治体で初めて栃木県西那須野町役場にて導入されている。両社は今後も、セキュリティ意識の高い自治体・民間企業に対して積極的にセキュリティサービスの提供を行っていくとしている。

http://www.trendmicro.com/jp/about/news/pr/archive/2003/news031030.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×