ウイルス対策予防訓練サービスの自治体初の導入事例を紹介(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

ウイルス対策予防訓練サービスの自治体初の導入事例を紹介(トレンドマイクロ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 トレンドマイクロ株式会社と株式会社富士通ビジネスシステム(FJB)は10月30日、「トレンドマイクロ アウトブレーク予防訓練プログラム」とFJBのセキュリティソリューションを組み合わせた新サービス「予防訓練サービス」の提供を開始すると発表した。同サービスは、訓練用の擬似ウイルスメールを顧客の対象従業員に送付し、ウイルス感染防止のトレーニングを行うというもの。また、各従業員の反応結果を集計・分析し、その結果に基づいたセキュリティソリューションを提供する。サービス提供価格は35万円〜。同サービスは自治体で初めて栃木県西那須野町役場にて導入されている。両社は今後も、セキュリティ意識の高い自治体・民間企業に対して積極的にセキュリティサービスの提供を行っていくとしている。

http://www.trendmicro.com/jp/about/news/pr/archive/2003/news031030.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×