Webフィルタリングソフト「Websense Enterprise v5.1」を発表(米Websense) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

Webフィルタリングソフト「Websense Enterprise v5.1」を発表(米Websense)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 米Websenseは10月22日、Webフィルタリング・ソリューションの最新版「Websense Enterprise v5.1」を発表した。Websense Enterpriseは、ゲートウェイ、ネットワーク、デスクトップにおいて3層の統合フィルタリングを実行し、従業員によるアプリケーション利用を管理コンソールから一元管理できるソリューション。検索エンジンにキャッシュとして保存されたWebサイトの分類およびフィルタリングという業界初のWebフィルタリング機能を搭載している。今回のバージョンよりWindows Server 2003のサポートを開始し、Linuxベースの企業でもインスタント・メッセージング(IM)やP2Pといったネットワーク・ベースのトラブルの管理が可能となっている。また、外国語のサポートが拡張され、新たにイタリア語とポルトガル語(ブラジル語を含む)を追加した。同製品は11月3日よりWebsense社サイトよりダウンロード可能。

http://www.japan.websense.com/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×