ウイルスや不正アクセスをOSで遮断する「Safety Linux1.1」を発表(電机本舗) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

ウイルスや不正アクセスをOSで遮断する「Safety Linux1.1」を発表(電机本舗)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 有限会社電机本舗は、ウイルスや不正アクセスをOSレベルで自動遮断できるセキュアOS「Safety Linux1.1」を発表した。同OSは、開発団体Debianプロジェクトの開発したLinux Ver3.0r1(コードネームWoody)をベースにしたもので、同社が新開発したセーフティ機構をカーネルに実装することにより、脆弱性の主な原因となるバッファオーバーラン現象を自動的に回避できる。なお、同OSは単体での販売は行なわず、PCへのプリインストールを前提に営業を展開していくとのこと。

http://www.dnki.co.jp/linuxbox/SafetyLinux/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×