IT責任者を対象にしたセキュリティ調査結果を発表(米NetScreen Technologies) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

IT責任者を対象にしたセキュリティ調査結果を発表(米NetScreen Technologies)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 米NetScreen Technologies社は、全世界のIT責任者などを対象にしたセキュリティに関する調査結果を発表した。この調査は、同社の委託で独立系の英調査会社が実施したもので、回答者の過半数(全世界で55%)はセキュリティに関する意思決定を行っているITおよびセキュリティ責任となっている。発表によれば、回答者は、担当するネットワークにとっての主要な脅威として、トロイの木馬やワーム、電子メールやWeb攻撃、データベース攻撃、ソフトウェアの弱点を狙った攻撃をあげており、ネットワーク・レベルの攻撃の防御に頭を悩ませていた数年前と違い、現在ではアプリケーション・レベルの攻撃への対応が多くなっていることが判明した。また、現在使用しているセキュリティ・ソリューションが様々な脅威から組織を守ってくれることに「非常に自信がある」と答えた回答者はわずか12%で、「ある程度自信がある」から「まったく自信がない」までが全体の46%を占めており、自身の防御システムに過半数近くの担当者が不安を抱えているという結果となった。

http://www.netscreen.com/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×