ISSが新種ウイルス「Vampire」に対して警告を発表 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

ISSが新種ウイルス「Vampire」に対して警告を発表

製品・サービス・業界動向 業界動向

──────────────────────────────〔Info〕─
 ★「あなたの会社のサーバ、調べてみませんか?」★━━━━━…‥‥・・
□━━━━━━━━□ Scan編集部が貴社が運営しているレンタルサーバの
┃ レンタルサーバ ┃ セキュリティ実態、サポート体制を調査/報告します。
┃ 事業者様限定!┃ 調査料は無料! 報告書はScan誌面に掲載されます。
□━━━━━━━━□ ≫お申込・問い合わせは scan@vagabond.ne.jp まで≪
───────────────────────────────────


 ISSが新種ウイルス「Vampire」に対して警告を発表している。Vampireは、あらゆるプラットフォームのアプリケーションに影響を与えるウイルスで、メモリに常駐せず.comファイルに感染する。感染すると.comファイルの最初の417バイトのコードを上書きし、メモリに関連するアラートが表示されると感染を拡大する可能性がある。

ISS X-Force Database
Vampire virus has been detected on a system
http://xforce.iss.net/xforce/xfdb/13534
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×