川崎市の「行政情報システム」を構築(日本電気) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

川崎市の「行政情報システム」を構築(日本電気)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本電気株式会社(NEC)は、神奈川県川崎市の電子市役所を実現する「行政情報システム」を構築したことを発表した。本システムは、文書のライフサイクルを管理する「文書管理システム」、財務会計業務を処理する「総合財務会計システム」、出張や旅費に関わる処理を行う「旅費管理システム」の3つのシステムおよびそれらを運用面で支える「職員認証管理システム」から構成されており、業務の効率化とともに質の高い行政サービスの提供に貢献する。また、入札に係わる情報の公開や入札参加資格申請、入札事務を電子化した「電子調達システム」とも連携して稼動しているとのこと。構築には同社のIAサーバ「Express5800」シリーズやEMC社のストレージ「Symmetrix」などを利用した。

http://www.nec.co.jp/press/ja/0310/1502.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×