「hi-ho有害サイトブロックサービス」を提供開始(松下電器産業) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

「hi-ho有害サイトブロックサービス」を提供開始(松下電器産業)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 松下電器産業株式会社は10月22日、同社が運営する個人向けインターネットサービス「Panasonic hi-ho」において、「hi-ho有害サイトブロックサービス」を10月23日より正式にサービス提供開始すると発表した。同サービスは、Panasonic hi-hoの個人向けインターネット接続サービス会員向けに有害サイトへのアクセスを制限するサービスで、9月より試験サービスを行っていたもの。トレンドマイクロ社のゲートウェイ用URLフィルタリング製品「InterScan WebManager ホームエディション」が採用している。同サービスの利用料金は月額200円。なお、正式サービス開始を記念して2003年10月23日〜2004年3月31日までは利用料無料のキャンペーンを実施している。

http://town.hi-ho.ne.jp/news_release/2003/1022.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×