MetaFrame XPのWebアクセス機能に「指紋認証」を連携(日本セキュアジェネレーション) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

MetaFrame XPのWebアクセス機能に「指紋認証」を連携(日本セキュアジェネレーション)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本セキュアジェネレーション株式会社は10月10日、シトリックス社のサーバ・ベース・コンピューティングソフト「MetaFrame XP」に、日本セキュアジェネレーションの「指紋認証」を連携したシステム「指(ゆび)おぷ」を、10月6日より販売開始したと発表した。このシステムは、日本セキュアジェネレーションのセールスパートナーである日本電子計算株式会社が開発し、「MetaFrame XP」のWebアクセス機能「Web Interface」と日本セキュアジェネレーションの「指紋認証」を連携したもの。認証手段は「IDとパスワード」、「IDとパスワードか指紋」、「IDと指紋」、「指紋のみ」の4種類利用でき、最大1000人登録できる指紋データは暗号化されてサーバ内に一元管理される。また、Webベースの管理ツールを使ってブラウザからのユーザ管理や各種設定を行うことが可能。同システムを利用することにより、「Web Interface」へのユーザのログイン時に不正アクセスのリスクを回避し、セキュリティ強化が可能となる。対応OSはサーバがWindows 2000 Server SP3以降/Windows Server 2003、クライアントがWindows 98SE/2000/XP。価格は1ユーザあたり、ライセンスと指紋読取装置のセットで38,000円。

http://www.secugen.co.jp/news/news_031010.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×