倫理指針に準拠した個人情報管理システム「SCTS21」をバージョンアップ(三井情報開発) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

倫理指針に準拠した個人情報管理システム「SCTS21」をバージョンアップ(三井情報開発)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 三井情報開発株式会社は、ゲノム研究における倫理指針に準拠した個人情報管理システム「SCTS21」のバージョンアップを発表した。同製品は、検体提供者の個人情報および検体情報を統合的に管理・匿名化を行うパッケージソフト。最新版では、取り間違いや管理ミスなどの人的ミスを防ぐために、検体登録時に検体IDをバーコードとして発行する機能が新たに追加された。また、バーコードラベルに打ち出す文字、バーコードなどを画面上から自由にレイアウトできる機能も実装されるなど、研究機関に検体を受け渡す際の事故を最小限に減らせるように工夫されている。

http://bio.mki.co.jp/whatsnew/20031009.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×