Linuxサーバ版アンチウイルスの最新バージョンを発表(日本エフ・セキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

Linuxサーバ版アンチウイルスの最新バージョンを発表(日本エフ・セキュア)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本エフ・セキュア株式会社は10月10日、F-Secureアンチウィルス Linuxサーバ版Ver4.51をリリースしたと発表した。同製品はLinux、Windows、MS-Office、DOSで動作するウイルスに対応、対応ディストリビューションの多さ、低価格などを特徴に持っている製品。今回の新バージョンでは、複数ファイルの同時スキャンによる高速化、既存のエンジンにOrionエンジンを追加することによる検知率の上昇、既存のF-ProtエンジンおよびAVPエンジンを最新バージョンへの変更、といった機能強化が図られている。なお、同社では10月10日よりサポート契約ユーザに対して、WEBからのダウンロードおよび媒体送付を開始している。日本エフ・セキュア社では、アンチウイルスLinuxサーバ版の7〜9月期の売上は昨年同期と比較し200%となっており、今後も代理店やOEMの拡充によりシェアを拡大していくとしている。

http://www.f-secure.co.jp/news/200310101/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×