プリントアウトやコピーでも検出可能な二値画像電子透かし技術を開発(日立製作所) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

プリントアウトやコピーでも検出可能な二値画像電子透かし技術を開発(日立製作所)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社日立製作所のシステム開発研究所は、紙に印刷された情報の追跡を可能にし、かつ透かし強度を調節可能にする、二値画像電子透かし技術を開発した。新技術は、同社がこれまで開発してきた濃淡画像向け電子透かし技術を改良したもので、様々な人間の視覚特性を利用して、二値画像特有の「乱れやすさ」「改変のしやすさ」といった特性を定量化し、画質の劣化を回避しつつ、必要な強度で透かし情報を埋め込むことに成功したもの。コンテンツの目立たない場所に必要な強度で識別情報を埋め込むことができるほか、コンテンツを普通紙にレーザープリンタで出力した場合や、コピー機で白黒コピー(1、2回程度)した後でも、埋め込んだ情報を検出することができるとしている。

http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/031003.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×