予防を主眼としたネットワークセキュリティビジネスで協業(京セラコミュニケーションシステム、 ネットワークサービスアンドテクノロジーズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

予防を主眼としたネットワークセキュリティビジネスで協業(京セラコミュニケーションシステム、 ネットワークサービスアンドテクノロジーズ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)とネットワークサービスアンドテクノロジーズ株式会社(NSAT)は、ネットワークセキュリティビジネスで協業することを発表した。両社は今後、米nCircle Network Security社のネットワークセキュリティ製品「nCircle IP360」を用いて、予防に重点を置いたリアルタイム脆弱性管理サービスの提供を協力して行っていく。具体的には、KCCSは、サポート力の強化とNSATの運用サービスを付加価値として「nCircle IP360」の販売拡大を狙う。また、NSATは、既存の統合運用サービスに、同製品を利用した次世代型の予防を主眼としたネットワークセキュリティ運用を組み込んでいく。

http://www.kccs.co.jp/press/release/0310062.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×