9月のコンピュータウイルスの届出状況を発表、「Nachiワーム」が依然猛威(日本ネットワークアソシエイツ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.20(火)

9月のコンピュータウイルスの届出状況を発表、「Nachiワーム」が依然猛威(日本ネットワークアソシエイツ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は、9月のコンピュータウイルスの届出状況を発表した。9月のトップ1は前月と同じ「Nachiワーム」(別名:Welchia)。マシン数で2,728件、会社数で383件の報告があり、依然として活発な活動を続けている。また、「Lovsanワーム」(別名:MS ブラスト)も2位につけており、8月ほどではないが、まだまだ蔓延が収まっていないことを示す結果となった。同社では、まだ対策がとられていないコンピュータが数多く存在すると想定されるため、特にPHSなどの接続を利用するモバイル環境においては厳重な警戒をするよう呼びかけている。

http://www.nai.com/japan/about/prelease/pr_03B.asp?pr=03/10/04
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×