「Tripwire for Servers 4.0日本語版」のサポートOSにLinuxを追加(トリップワイヤ・ジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.24(火)

「Tripwire for Servers 4.0日本語版」のサポートOSにLinuxを追加(トリップワイヤ・ジャパン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 トリップワイヤ・ジャパン株式会社は、9月より出荷しているデータ監視・検証ソフト「Tripwire for Servers 4.0日本語版」のサポートOSに「Red Hat Enterprise Linux Ver2.1」を追加した。同OSは、従来のLinuxの機能を強化した企業向けのLinuxで、高い可用性と信頼性を兼ね備えたビジネスインフラの実現を可能にするもの。なお、同社サイトでは現在、30日間の使用制限がついた機能無制限の「Tripwire for Servers 4.0 日本語版」評価版を無償ダウンロード公開中。

http://www.tripwire.co.jp/press/press_release/030925.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×