セキュリティホールをCPUレベルで遮断する新アーキテクチャを発表(電机本舗) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

セキュリティホールをCPUレベルで遮断する新アーキテクチャを発表(電机本舗)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 有限会社電机本舗は、コンピュータウイルス・不正アクセスをCPUレベルで遮断する新しいアーキテクチャについてのレポートを発表した。発表によれば、同社は数多くのセキュリティホールを解析した結果、その多くがバッファオーバーランを利用していることに注目し、これを防ぐにはCPUデザインの改良が一番合理的であるという結論に達した。具体的には、従来CPUが備えているスタックレジスタと呼ぶ機構を改良し、これをアドレス(中枢情報専用)処理スタックとデータ処理専用のスタックに機能分離すれば、バッファオーバーラン現象によるセキュリティホールは完全に遮断できるとのこと。同社はこの機構についての特許を出願中であり、今後、CPU製造メーカーにも採用を働きかけていくとしている。

http://www.dnki.co.jp/linuxbox/SafetyLinux/b3safe.html#1
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×