LindowsOSにインターネット他責被害の補償サービスをバンドル提供(エッジ、日本インテリジェンス) | ScanNetSecurity
2022.06.27(月)

LindowsOSにインターネット他責被害の補償サービスをバンドル提供(エッジ、日本インテリジェンス)

 エッジ株式会社と日本インテリジェンス株式会社は9月17日、エッジの販売する「LindowsOS4.0 日本語版」に、日本インテリジェンスが開発したインターネット他責被害の補償サービスを、2004年よりバンドル提供すると発表した。同製品は、Linuxをベースとして、米国Lindo

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 エッジ株式会社と日本インテリジェンス株式会社は9月17日、エッジの販売する「LindowsOS4.0 日本語版」に、日本インテリジェンスが開発したインターネット他責被害の補償サービスを、2004年よりバンドル提供すると発表した。同製品は、Linuxをベースとして、米国Lindows.com社が開発したオペレーティングシステム「LindowsOS」の日本語版。Linuxが持つ安定性と信頼性を保持しつつ、デスクトップ用OSとして開発されたGUIを搭載している。バンドル提供される他責被害の補償サービスとは、インターネットに接続したPCがハッカーの攻撃を受けたり、ウイルスに感染されたりする被害を防止し、もし被害を受けた場合には、その被害が自責か他責かを判別し、他責と認証された場合には、PCの復旧作業が無料で実施されるという、世界初のネットワーク損害補償を行う保険サービス。同サービスのバンドルによりLindowsOSは、よりセキュリティ性の高いOSになるとのこと。サービス契約費用は年間2,400〜3,600円を予定。

http://edge.jp/pressroom/pressrelease/content?id=206
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×