LindowsOSにインターネット他責被害の補償サービスをバンドル提供(エッジ、日本インテリジェンス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

LindowsOSにインターネット他責被害の補償サービスをバンドル提供(エッジ、日本インテリジェンス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 エッジ株式会社と日本インテリジェンス株式会社は9月17日、エッジの販売する「LindowsOS4.0 日本語版」に、日本インテリジェンスが開発したインターネット他責被害の補償サービスを、2004年よりバンドル提供すると発表した。同製品は、Linuxをベースとして、米国Lindows.com社が開発したオペレーティングシステム「LindowsOS」の日本語版。Linuxが持つ安定性と信頼性を保持しつつ、デスクトップ用OSとして開発されたGUIを搭載している。バンドル提供される他責被害の補償サービスとは、インターネットに接続したPCがハッカーの攻撃を受けたり、ウイルスに感染されたりする被害を防止し、もし被害を受けた場合には、その被害が自責か他責かを判別し、他責と認証された場合には、PCの復旧作業が無料で実施されるという、世界初のネットワーク損害補償を行う保険サービス。同サービスのバンドルによりLindowsOSは、よりセキュリティ性の高いOSになるとのこと。サービス契約費用は年間2,400〜3,600円を予定。

http://edge.jp/pressroom/pressrelease/content?id=206
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×