改ざんされたデータの復旧ソフト「SERVERW@TCH for Tripwire Ver1.0」を発売(NEC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

改ざんされたデータの復旧ソフト「SERVERW@TCH for Tripwire Ver1.0」を発売(NEC)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本電気株式会社(NEC)は、不正アクセスなどにより改ざんされたコンピュータシステム上のデータを自動的に復旧することのできるソフトウェア「SERVERW@TCH for Tripwire Ver1.0」を発売した。同製品は、Linuxプラットフォームのサーバ上において、クラッカーなどの不正アクセスにより改ざんされた対象データを、バックアップを元に改ざん前の状態に自動復旧することができるもの。別売の改ざん検知・リカバリソリューション「Tripwire for Servers」との組み合わせにより動作するよう設計されており、不正なデータ改ざんがなされた場合、復旧処理を行う前に、改ざんされたデータを証拠として自動的に保存する機能も搭載している。価格は19万8千円。出荷は9月30日の予定。

http://www.nec.co.jp/press/ja/0309/1602.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×