8月のコンピュータウイルスの届出状況を発表(日本ネットワークアソシエイツ) | ScanNetSecurity
2022.06.27(月)

8月のコンピュータウイルスの届出状況を発表(日本ネットワークアソシエイツ)

 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は、8月のコンピュータウイルスの届出状況を発表した。発表をみると、8月はお盆を挟んで社会的にも問題となったLovsanワームや後半登場したNachiワームの届出件数が突出。マシン数トップ10では1位がW32/Nachi.wormで5,515件、2位

製品・サービス・業界動向 業界動向
 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は、8月のコンピュータウイルスの届出状況を発表した。発表をみると、8月はお盆を挟んで社会的にも問題となったLovsanワームや後半登場したNachiワームの届出件数が突出。マシン数トップ10では1位がW32/Nachi.wormで5,515件、2位がW32/Lovsan.worm.aで2,607件、3位がW32/Lovsan.wormで1,174件を記録し、また会社数トップ10でも1、2位を占めるなど、感染数で他のウイルスを大きく引き離した。特にLovsanはコンシューマを中心に多数の感染者をだしたようで、感染は未だ終息していないと同社では見ており、いまだ対策をしていないユーザは大至急その対策を行うよう呼びかけている。

http://www.nai.com/japan/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×