8月のコンピュータウイルスの届出状況を発表(日本ネットワークアソシエイツ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.19(金)

8月のコンピュータウイルスの届出状況を発表(日本ネットワークアソシエイツ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は、8月のコンピュータウイルスの届出状況を発表した。発表をみると、8月はお盆を挟んで社会的にも問題となったLovsanワームや後半登場したNachiワームの届出件数が突出。マシン数トップ10では1位がW32/Nachi.wormで5,515件、2位がW32/Lovsan.worm.aで2,607件、3位がW32/Lovsan.wormで1,174件を記録し、また会社数トップ10でも1、2位を占めるなど、感染数で他のウイルスを大きく引き離した。特にLovsanはコンシューマを中心に多数の感染者をだしたようで、感染は未だ終息していないと同社では見ており、いまだ対策をしていないユーザは大至急その対策を行うよう呼びかけている。

http://www.nai.com/japan/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×