ミニストップがウイルス感染メールを会員に送信 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.18(月)

ミニストップがウイルス感染メールを会員に送信

製品・サービス・業界動向 業界動向

──────────────────────────────〔Info〕─
┯―    セキュリティ [裏事情] を少しだけお教えいたします    ―┯
│ インシデントをおこした企業、能力のないサーバ管理者 または   │
│     そんな風にはなりたくない方にお贈りする一冊。       │
│          ▽ 無料サンプル公開中 ▽              │
┠― https://shop.vagabond.co.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?lng01_sdx ――┨
─────────────────────────────────


 ミニストップは8月28日、ネット通販ショップ「e-ministop」の会員5,483人に対してウイルスに感染したメールを送信していたことを明らかにした。感染していたウイルスはBUGBEAR.Bであった。ミニストップでは「e-ministop」の広告メールを、その都度メーリングリストを作成して送信しているが、システムの運用障害により送信後もリストが削除されず、ウイルスを中継する結果になったと説明している。


ミニストップ:発生原因及び再発防止策のご報告(続報)
http://www.ministop.co.jp/apology/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×