8月のウイルス感染被害レポートを発表(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.25(水)

8月のウイルス感染被害レポートを発表(トレンドマイクロ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 トレンドマイクロ株式会社は9月4日、国内における2003年8月度のウイルス感染被害マンスリーレポートを発表した。1位は8月中旬に出現したWindows RPCインターフェース脆弱性を悪用するウイルス「WORM_MSBLAST」で被害件数2,413件、2位は「TROJ_DYFUCA」で283件、3位は「WORM_KLEZ」で197件。WORM_MSBLASTに続いて話題になった「WORM_SOBIG」は、日本国内では爆発的な流行とはならず、被害件数136件で5位。全体の被害件数は5,266件と先月2,749件に比べて倍増した。その半数がWORM_MSBLASTで、同ワームは登場以来6日間にわたって連日200件前後の被害報告があり、1週間で約1,300件に達したという。

http://www.trendmicro.com/jp/security/report/report/archive/2003/mvr0308.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×