8月の不正アクセス届出状況を発表(IPA/ISEC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.19(木)

8月の不正アクセス届出状況を発表(IPA/ISEC)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は9月3日、2003年8月の不正アクセス届出状況を発表した。8月の届出件数は45件で今年最多。中でもワーム感染が4件、ワーム形跡が13件で、W32/MSBlasterおよびW32/Welchiによる感染被害、アクセス形跡が多かった。これらのワームによる感染被害は終息傾向にあるが、同ワームによると推測される不正アクセスはほとんど減少していないという。これは、修正パッチは適用したがワームの駆除を行っていないユーザが多数存在するため。同ワームは感染しても異常が見えない場合があるため、感染の有無を確認するよう呼びかけている。

http://www.ipa.go.jp/security/crack_report/20030903/0308.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×