8月の不正アクセス届出状況を発表(IPA/ISEC) | ScanNetSecurity
2022.06.27(月)

8月の不正アクセス届出状況を発表(IPA/ISEC)

 情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は9月3日、2003年8月の不正アクセス届出状況を発表した。8月の届出件数は45件で今年最多。中でもワーム感染が4件、ワーム形跡が13件で、W32/MSBlasterおよびW32/Welchiによる感染被害、アクセス形跡が多かった。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は9月3日、2003年8月の不正アクセス届出状況を発表した。8月の届出件数は45件で今年最多。中でもワーム感染が4件、ワーム形跡が13件で、W32/MSBlasterおよびW32/Welchiによる感染被害、アクセス形跡が多かった。これらのワームによる感染被害は終息傾向にあるが、同ワームによると推測される不正アクセスはほとんど減少していないという。これは、修正パッチは適用したがワームの駆除を行っていないユーザが多数存在するため。同ワームは感染しても異常が見えない場合があるため、感染の有無を確認するよう呼びかけている。

http://www.ipa.go.jp/security/crack_report/20030903/0308.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×