8月の「月間トップ10ウイルス」を発表(ソフォス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.19(金)

8月の「月間トップ10ウイルス」を発表(ソフォス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 ソフォス株式会社は9月2日、2003年8月におけるコンピュータウイルスの報告数をまとめた「トップ10ウイルス」を発表した。2003年8月は、異なるウイルスが次々と登場し、世界のコンピュータシステムに大きな被害を与えた。トップ10ウイルスの第1位は「Sobig-F ワーム」。同ワームは大量のメールを受信ボックスに送信し、ネットワークを完全に麻痺させた。Sobig-Fは、ソフォスカスタマーセンターに寄せられた報告数の約40%を占めており、その影響力の大きさがうかがえる。ソフォスは、Sobig-Fの今後の攻撃に備え、警戒を続けることを呼びかけている。同社では、2003年8月に新たに778件の新種ウイルスを検出し、駆除対応したとのこと。

http://www.sophos.co.jp/pressoffice/pressrel/20030902topten.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×