自治体の感染は依然として拡大状況 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.19(金)

自治体の感染は依然として拡大状況

製品・サービス・業界動向 業界動向

──────────────────────────────〔Info〕─
┯―    セキュリティ [裏事情] を少しだけお教えいたします    ―┯
│ インシデントをおこした企業、能力のないサーバ管理者 または   │
│     そんな風にはなりたくない方にお贈りする一冊。       │
│          ▽ 無料サンプル公開中 ▽              │
┠― https://shop.vagabond.co.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?lng01_sdx ――┨
─────────────────────────────────


 総務省地域情報政策室は、8月20日午後6時の時点で自治体のウィルス感染状況をまとめ、発表を行った。発表によると、全国70の自治体で1,357台の端末がBlasterに感染し、この亜種であるBlaster.Dには新たに4自治体で239台のパソコンが感染している。1,357台の内訳は都道府県で12(計547台)、市区町村で58(計810台)となっており、このうち庁内LANに接続した端末で感染が確認されたのは都道府県で5、市区町村で16となっている。またBlaster.Dには、都道府県で2(146台)、市区町村で2、(93台)が感染した(すべて庁内LAN)。


総務省
http://www.soumu.go.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×