暗号メールのウイルスおよびコンテンツチェックを行うソフトを開発(日立ソフトウェアエンジニアリング) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.15(水)

暗号メールのウイルスおよびコンテンツチェックを行うソフトを開発(日立ソフトウェアエンジニアリング)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社は、クライアント間でやりとりする暗号メール(S/MIME)のウイルスチェックとコンテンツチェックができるソフトウェア「S/MIME Inspection Gateway」を開発した。同製品は「暗号メールは利用したいが、同時にメールの中身もチェックしたい」という要望に応える製品で、送信する前に一度、暗号メールを復号して内容をチェックし、それから再度メールを暗号化して送信することができるもの。SMTPリレーサーバとして動作するため、任意のサーバ間(クライアント〜インターネット)に配置が可能で、既存システムへの導入も容易となっている。また、安全に保管されている秘密鍵を使って、暗号メールを後で復号して参照することも可能。価格は1サーバ1,000万円。8月より販売開始。出荷は11月1日。

http://www.hitachi-sk.co.jp/News/News218.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×