「F-SecureアンチウィルスLinuxゲートウェイ Ver1.33」をリリース(日本エフ・セキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.22(木)

「F-SecureアンチウィルスLinuxゲートウェイ Ver1.33」をリリース(日本エフ・セキュア)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本エフ・セキュア株式会社は8月15日、「F-SecureアンチウィルスLinuxゲートウェイ Ver1.33」をリリース、同日よりサポート契約ユーザに対し、Webからのダウンロードを開始した。「F-Secureアンチウィルス Linuxゲートウェイ」は、外部から侵入するウイルスから企業LANを守るアンチウイルスソリューション。SMTP、POP3、SMTP、HTTP、FTPプロトコルに対応し、メール送受信やホームページの閲覧時のウイルスチェックを行う。
 今回のバージョンアップ版では、HTTPのPOST(アップロード)に対応しており、Webサーバへアップロードされるデータのウイルスチェック、Webメールでのファイル送信等、Webサーバを介したウイルス感染拡大を防止することができる。また、最新のアンチウイルスエンジンを搭載し、ウイルス検知率を向上するとともに新種ウイルスへの対応を容易にした。同製品の価格は117,000円(25ユーザ)〜。

http://www.f-secure.co.jp/news/200308151/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×