CryptCOMの新規サービスにRSA BSAFE、RSA SecurID、RSA e-Signを提供(米RSA Security) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.24(土)

CryptCOMの新規サービスにRSA BSAFE、RSA SecurID、RSA e-Signを提供(米RSA Security)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 米RSA Securityは7月28日、CryptCOM Securities, Inc.がRSA BSAFEとRSA SecurIDを活用した新規サービスを開始したと発表した。この新規サービスは、リモート・バックアップ、eコマースおよびファイル転送を行う、中小規模企業向けサービス。RSA BSAFEおよびRSA SecurIDを導入したことにより、遠隔地にある電子ファイルや文書を、安全にバックアップおよび保管するとともに、許可されたWebブラウザから安全かつ容易にアクセスすることが可能となる。同サービスでは、トランザクションをWebに移行しつつある小規模企業向けにRSA e-Signサービスを提供している。このため、個人が文書にデジタル署名を付加し、オンライン・トランザクションを法的に有効にする役割を果たすことができ、これまで巨額の予算を持つ大企業しか利用できなかったトラステッドeコマース/ビジネス継続機能を、中小規模の企業も利用できるようにした。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200307281.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×