Blue Ridge NetworksのVPNにRSA BSAFE暗号技術を提供(米RSA Security) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

Blue Ridge NetworksのVPNにRSA BSAFE暗号技術を提供(米RSA Security)

 米RSA Securityは7月29日、Blue Ridge Networksと協力し、米情報局をはじめとした民間・政府の顧客についてVPNのセキュリティを強化すると発表した。Blue Ridge Networksは世界最大の高セキュリティVPNプロバイダの1社で、世界30か国以上で10,000を超えるVPN CryptoSe

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米RSA Securityは7月29日、Blue Ridge Networksと協力し、米情報局をはじめとした民間・政府の顧客についてVPNのセキュリティを強化すると発表した。Blue Ridge Networksは世界最大の高セキュリティVPNプロバイダの1社で、世界30か国以上で10,000を超えるVPN CryptoServersを展開しており、米情報局や医療関係組織などにサービスを提供している。今回、Blue RidgeのVPNに、RSA BSAFE Cert-Cの暗号化技術が組み合わせたことにより、デジタル証明書ベースの強力なユーザ認証による安全なリモート・ネットワーク接続を可能とした。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200307291.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×