7月のウイルス感染被害マンスリーレポートを発表(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2020.09.19(土)

7月のウイルス感染被害マンスリーレポートを発表(トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロ株式会社は、日本国内における2003年7月度のウイルス感染被害マンスリーレポートを発表した。レポートによると7月の1位はワーム型の「WORM_KLEZ」で被害件数344件、2位はVBScript型の「VBS_REDLOF」で179件、3位はJavaScript型の「JS_FORTNIGHT.C」で

製品・サービス・業界動向 業界動向
 トレンドマイクロ株式会社は、日本国内における2003年7月度のウイルス感染被害マンスリーレポートを発表した。レポートによると7月の1位はワーム型の「WORM_KLEZ」で被害件数344件、2位はVBScript型の「VBS_REDLOF」で179件、3位はJavaScript型の「JS_FORTNIGHT.C」で162件。4位には新種のトロイの木馬型ウイルス「TROJ_DECEIVLINK.A」がランクインしている。全体の被害件数は2,749件と先月(3,262件)に比べ減少した。7月は感染力の高い新種ウイルスの出現もなく落ち着いているが、セキュリティホールを狙う動きは続いているとのこと。10位の「JAVA_BYTVERIFY.A」は、今年4月に発表されたMicrosoft VMの脆弱性を狙ったもので、このウイルス自体は5月に発見されており、約1ヶ月で登場している。トレンドマイクロでは、実際のウイルスが作成される前にセキュリティホールへの対応を行うよう注意を促している。

http://www.trendmicro.com/jp/security/report/report/archive/2003/mvr0307.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×