パッチ適用情報を収集・一元管理する「CapsSuite」を発売(NEC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

パッチ適用情報を収集・一元管理する「CapsSuite」を発売(NEC)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本電気株式会社(NEC)は、パッチ適用情報やハードウェア情報などを自動的に収集・一元管理することが可能なセキュリティ製品「CapsSuite(キャップススイート)」を発表した。同製品は、同社のサイバーアタック対策システム「CAPS」において利用されていたセキュリティ管理機能を製品化したもので、各パソコンのパッチ適用情報や、ハード/ソフトウェア情報などを自動的に収集し、一元管理することが可能。また、イントラネットに接続されたサーバ、パソコン、ネットワーク機器などの情報を「エージェント機能」を活用して自律的に監視し、接続が許可されていない機器を発見した際には、管理者に通知する機能を備えているため、ウイルス感染やデータの盗聴などの防止にも役立つ。価格は320万円〜。9月18日から出荷開始。

http://www.nec.co.jp/press/ja/0307/3002.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×