2003年のセキュリティビジネス調査総覧を発表(富士キメラ総研) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.22(水)

2003年のセキュリティビジネス調査総覧を発表(富士キメラ総研)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社富士キメラ総研は、6〜7月にかけて行った調査結果をまとめた「2003ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」を発表した。それによると、社会の枠組みがネットワークへの依存度を高めていくなかで、セキュリティツール/機器市場は02年度実績の1,521億円から06年度では3,416億円(対02年度成長率225%)に、またセキュリティサービス市場は02年度実績の4,040億円から06年度9,680億円(対02年度成長率240%)へと高成長すると予測している。また、注目する市場・サービスとして、電子認証とバイオメトリクスを取り上げ、電子認証サービスは02年度実績は45億円だが、06年度では300億円市場に急拡大すると分析している。報告書はA4判319ページ。価格は97,000円。

http://www.fcr.co.jp/032q09.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×