2003年第2四半期のインシデントリスクレポートを発表(ISS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.17(土)

2003年第2四半期のインシデントリスクレポートを発表(ISS)

 米Internet Security Systems社(ISS)は7月14日、2003年第2四半期のInternet Risk Impact Summaryレポートを発表した。このレポートは、ISSの研究機関「X-Force」が発表している、実際の攻撃データを元にした報告書。同レポートによると、深刻なセキュリティインシデ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 米Internet Security Systems社(ISS)は7月14日、2003年第2四半期のInternet Risk Impact Summaryレポートを発表した。このレポートは、ISSの研究機関「X-Force」が発表している、実際の攻撃データを元にした報告書。同レポートによると、深刻なセキュリティインシデントの数が2003年第1四半期から13.7%増加した。これは、既知の脆弱点を利用する脅威が増加したことに起因しているとのこと。第2四半期には新たに727個の脆弱点が追加され、不正アクセスやコードの実行を許すといった高危険度の脆弱点が209個検出された。また、ワームや複合型の脅威は654件確認されており、脆弱点と脅威の隔差が縮まっている。レポートによると、ハッキングアクティビティはこの狭まった隔差を利用し、パッチを適用していないために今でも攻撃可能な古い脅威や技術を使用しているという。

http://www.isskk.co.jp/company/press_office/press03/IRIS2003Q2_080403.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×