国内co.jpドメイン調査 2002年から2003年への推移状況(1) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.09.19(火)

国内co.jpドメイン調査 2002年から2003年への推移状況(1)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 2002年10月に続き、2003年4月に国内co.jpドメインに関する調査が実施された。前回の調査から半年が経過しており、国内のサーバにどのような推移が見られるのかを分析してみた。


▼国内サーバのシステム推移の傾向

>> サーバOSは大きな変化なし、運用管理体制が問われる

2002年 サーバOSランキング   2003年 サーバOSランキング
1位   UNIX         1位   UNIX
2位   Windows        2位   Windows
3位   MacOS         3位   MacOS

 OSの順位は2002年と2003年に変化は見られないが、実際の数値を見ると3位のMacOS(MacOS X)の数値が若干伸びているのが興味深い。1位のUNIXに関しては様々な種類が存在しているが、こちらも2002年とほぼ変化がない状態である。しかし、運用そのものが適切であるかどうかが懸念される。2003年にかけて各種セキュリティパッチなどが多数提供されているが、どれぐらいのサーバが適切に実施されているのだろうか?


>> 脆弱性のあるApacheが多数存在

2002年 Webサーバランキング   2003年 Webサーバランキング
1位   Apache        1位   Apache
2位   IIS          2位   IIS
3位   Zeus         3位   Zeus

 Webサーバの順位も変化は見られない。そこで、1位のApacheのバージョンを分析すると面白い結果が得られた。まず、国内ではやはりApache1.3系が主流となっている。各種バージョンのApacheが存在するが、Apache2.0系は30位にやっと入る程度である。海外で同様の調査を行った場合はどのような結果がでるのか非常に興味深い。

 Apache1.3系の中でも面白い結果が得られている。利用されているApacheは最新バージョン1.3.27とひとつ前のバージョン1.3.26がほぼ同数となっている。また、ApacheのChunked Encoding脆弱性に対処されていないバージョンがさらにほぼ同数存在しているのである。信じられないかもしれないが、今回の調査でバージョンが確認されたApacheのバージョンランキングでは、Apache1.3.6が4位となっており5000台以上も存在している。もちろん、前述のApache2.0系より遙かに存在台数が多いのである。


********************************************************
* 株式会社ネットワークセキュリティテクノロジージャパン *
*    技術統括部・部長   岩崎哲也 *
* 106-0032 東京都港区六本木1-4-30 25森ビル8F *
* TEL 03-5545-1801 FAX 03-5545-1818 *
********************************************************


◇co.jpドメイン サーバ実態データベース 2003年上半期
http://shop.vagabond.co.jp/p-cod02.shtml

(詳しくはScan本誌をご覧ください)
http://shop.vagabond.co.jp/m-ssw01.shtml
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. ルートゾーンKSKの情報更新など呼びかけ、期限は9月19日まで(総務省)

    ルートゾーンKSKの情報更新など呼びかけ、期限は9月19日まで(総務省)

  2. 「サイバーセキュリティ関連で最もクールな4つの職種」を発表(マカフィー)

    「サイバーセキュリティ関連で最もクールな4つの職種」を発表(マカフィー)

  3. 世界の大規模漏えい事故から、日本企業の「社外」にある情報資産を可視化(イード)

    世界の大規模漏えい事故から、日本企業の「社外」にある情報資産を可視化(イード)

  4. 顔認証システムの現状、顔写真を使った「なりすまし」も3Dデータ照合で防ぐ

  5. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  6. アジア以外ではランサムウェアの検出数が前年の2倍に、脅威の進化も(チェック・ポイント)

  7. 「FFRI yarai」「CWAT」にサイバーセキュリティ保険を付帯(NTT-AT)

  8. サイバー攻撃対応の総合訓練・検証施設を開設、重要インフラ向けに訓練サービス(日立)

  9. スポットで利用できる成果報酬型の脆弱性発見サービスを開始(SHIFT SECURITY)

  10. ランサムウェア対策を強化した「秘文」2製品の最新版を発売(日立ソリューションズ)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×