RSA BSAFE SSL-Cの暗号化処理速度を向上(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2022.12.07(水)

RSA BSAFE SSL-Cの暗号化処理速度を向上(米RSA Security)

 米RSA SecurityとCavium Networksは7月21日、RSA BSAFE SSL-Cの暗号化処理を、CaviumのNITROXセキュリティ・プロセッサで、シームレスにオフロードできる統合ソリューションを発表した。RSA BSAFE SSL-Cは、SSL対応アプリケーションを開発するためのデベロッパー向け製

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米RSA SecurityとCavium Networksは7月21日、RSA BSAFE SSL-Cの暗号化処理を、CaviumのNITROXセキュリティ・プロセッサで、シームレスにオフロードできる統合ソリューションを発表した。RSA BSAFE SSL-Cは、SSL対応アプリケーションを開発するためのデベロッパー向け製品。CaviumのNITROXセキュリティ・プロセッサは、企業やネットワークOEMベンダにおいてセキュリティ処理のアクセラレーションに利用されているもので、両ソリューションを統合することでRSA BSAFE SSL-Cのユーザは、暗号化のオフロードにより、標準的なコンピューティング・プラットフォームをベースに、アプリケーションのコストパフォーマンスを大幅に向上し、効率的なセキュリティ処理が可能となった。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200307211.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×