Linuxファイルサーバ向けアンチウイルスの期間限定キャンペーンを実施(日本エフ・セキュア、日本ラッド) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.25(月)

Linuxファイルサーバ向けアンチウイルスの期間限定キャンペーンを実施(日本エフ・セキュア、日本ラッド)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本エフ・セキュア株式会社と日本ラッド株式会社は7月31日、Linuxファイルサーバ(SAMBA)向けアンチウイルス製品「FSAV for SAMBA」を、8月1日〜10月31日までの3ヶ月間、キャンペーン価格にて提供すると発表した。「FSAV for SAMBA」は、Windowsファイル共有の機能をもつオープンソフト「Samba」のファイル入出力をリアルタイムでウイルスチェックする製品。これにより、Sambaに接続するWindowsPCのウイルス感染を防ぐことが可能となる。また、「FSAV for SAMBA」には「F-Secureアンチウィルス Linuxサーバ版 Ver4.50」が組み込まれており、同製品の設定管理も提供されるため、共有ディレクトリ以外の任意のディレクトリに対するウイルスチェックも行う。「FSAV for SAMBA」のキャンペーン価格は、サーバ数10〜24の場合28,000円。「F-Secureアンチウィルス Linuxサーバ版」からのアップグレード価格は、サーバ数10〜24の場合7,000円。

http://www.f-secure.co.jp/news/200307311/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×