米国の主要公共図書館が児童インターネット保護法準拠のためBlue Coatを採用(米ブルーコートシステムズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.22(木)

米国の主要公共図書館が児童インターネット保護法準拠のためBlue Coatを採用(米ブルーコートシステムズ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 米ブルーコートシステムズは6月30日、米国内で複数の主要な公共図書館が児童インターネット保護法(CIPA)への準拠を目的として、同社のプロキシセキュリティアプライアンス SGシリーズ(SG400/SG800/SG6000)と、セキュアコンピューティング社のSmartFilter Webフィルタリングテクノロジを活用することになったと発表した。これらの公共図書館の中にはウェスタービル公共図書館(Westerville Public Library)とミシシッピ図書委員会(Mississippi Library Commission)が名を連ねており、図書館システムにブルーコートが採用され、不適切なWebコンテンツのフィルタリングのためのアプライアンスとして使用されることになった。これにより、利用者に適切なWEBコンテンツをより高速に提供することができるようになる。

http://www.bluecoat.co.jp/news/releases/2003/063003_cipa_bluecoat.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×