電子文書の改ざんを防止する「Carassuit原本保管サーバ」を発売(NEC) | ScanNetSecurity
2022.12.10(土)

電子文書の改ざんを防止する「Carassuit原本保管サーバ」を発売(NEC)

 日本電気株式会社(NEC)は、電子文書の改ざんや不正使用などの防止が可能な「Carassuit(カラススイート)原本保管サーバ」を発売した。同サーバは、電子署名技術や暗号化技術を活用することで電子文書の原本性を確保するもの。電子文書の暗号化やアクセス履歴も含め

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日本電気株式会社(NEC)は、電子文書の改ざんや不正使用などの防止が可能な「Carassuit(カラススイート)原本保管サーバ」を発売した。同サーバは、電子署名技術や暗号化技術を活用することで電子文書の原本性を確保するもの。電子文書の暗号化やアクセス履歴も含めた改ざんの検証が可能なほか、原本保管時に付加する時刻証明情報(タイムスタンプ)を活用することで、文章の有効性を確認しながら長期保存ができるのが特長。価格は700万円〜。

http://www.nec.co.jp/press/ja/0307/1701.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×