ホストベースのIDS「Symantec Host IDS 4.1」を発売(シマンテック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.23(土)

ホストベースのIDS「Symantec Host IDS 4.1」を発売(シマンテック)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社シマンテックは7月15日、サーバ向けのホストベース侵入検知・防止システム「Symantec Host IDS 4.1」を、7月29日より販売開始すると発表した。今回の製品は、リアルタイム侵入検知機能に加えて、侵入防止機能を備えたホストベースの侵入検知システム。モニタリングとレスポンスに関するポリシーの作成・実施、監査ログの収集・蓄積、インシデント分析、レポート作成、侵入シグネチャの更新といった作業を一つの管理コンソールで一括して行うことができる。対応プラットフォームはWindows 2000、Windows NT、Windows XP、Solaris 8、Solaris 9。また、同製品は、シマンテックと他社製品を対象に、データ収集、ログ生成、レポート生成を共通化できるセキュリティ管理システム「Symantec Security Management System」と統合することができる。「Symantec Host IDS 4.1」の価格は、サーバエージェントが160,000円、追加CPUが64,000円、ワークステーション・エージェントが48,000円。

http://www.symantec.co.jp/region/jp/news/year03/030715.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×