富士通、Internet Navigware LiveオプションのSIP実装における複数の脆弱性 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.23(火)

富士通、Internet Navigware LiveオプションのSIP実装における複数の脆弱性

製品・サービス・業界動向 業界動向

──────────────────────────────〔Info〕──
セ┃キ┃ュ┃リ┃テ┃ィ┃ゲ┃ー┃ト┃ウ┃ェ┃イ┃が┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
●「FortiGate」シリーズ発売   破┃格┃で┃導┃入┃で┃き┃る┃!┃
  今なら165,900が99,800に!!━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
詳細⇒ https://shop.vagabond.co.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?ftg01_sdx
───────────────────────────────────


 富士通は、Internet Navigware LiveオプションのSIP(Session InitiationProtocol)の実装において複数の脆弱性が発見されたとして情報を公開している。問題はInternet Navigware Server Enterprise Edition Liveオプション7.0で発生しており、media.exeおよびdistman.exeが原因でオーバフローを引き起こされ悪意を持ったコードを実行されたり、Media Componentの異常終了、永久ループに陥るといった可能性がある。


富士通:富士通製品セキュリティ情報
http://software.fujitsu.com/jp/security/fjpatch/info/internet_navi200302.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×