「三菱MistyGuard署名延長システム」を発表(三菱電機) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.18(月)

「三菱MistyGuard署名延長システム」を発表(三菱電機)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 三菱電機株式会社は、電子文書の真正性(内容が原本と同一であること)を長期間にわたり保証するソフトウェア「三菱MistyGuard(ミスティガード)署名延長システム」を発表した。同製品は、PKIを基盤とし、タイムスタンプ技術と同社独自の署名有効性延長生成・検証技術を応用したソフトウェア。電子商取引推進協議会が3月に発表した電子署名文書長期保存に関するガイドラインで推奨する、RFC3126フォーマットに準拠した業界初の製品で、エンドユーザは検証ライブラリを使用して、いつでも電子文書の真正性検証を行うことが可能となっている。10月1日より出荷開始。価格は基本パック300万円〜。

http://www.mdis.co.jp/topics/kouhou/030707-is0319.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×