「三菱MistyGuard署名延長システム」を発表(三菱電機) | ScanNetSecurity
2022.10.05(水)

「三菱MistyGuard署名延長システム」を発表(三菱電機)

 三菱電機株式会社は、電子文書の真正性(内容が原本と同一であること)を長期間にわたり保証するソフトウェア「三菱MistyGuard(ミスティガード)署名延長システム」を発表した。同製品は、PKIを基盤とし、タイムスタンプ技術と同社独自の署名有効性延長生成・検証技術

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 三菱電機株式会社は、電子文書の真正性(内容が原本と同一であること)を長期間にわたり保証するソフトウェア「三菱MistyGuard(ミスティガード)署名延長システム」を発表した。同製品は、PKIを基盤とし、タイムスタンプ技術と同社独自の署名有効性延長生成・検証技術を応用したソフトウェア。電子商取引推進協議会が3月に発表した電子署名文書長期保存に関するガイドラインで推奨する、RFC3126フォーマットに準拠した業界初の製品で、エンドユーザは検証ライブラリを使用して、いつでも電子文書の真正性検証を行うことが可能となっている。10月1日より出荷開始。価格は基本パック300万円〜。

http://www.mdis.co.jp/topics/kouhou/030707-is0319.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×