情報漏洩防止ソフト「InfoBarrier2」が累計販売数20万本を達成(エフ・エフ・シー) | ScanNetSecurity
2022.01.18(火)

情報漏洩防止ソフト「InfoBarrier2」が累計販売数20万本を達成(エフ・エフ・シー)

 株式会社エフ・エフ・シーは、昨年9月から販売している情報漏洩防止ソフトウェア「InfoBarrier2」の販売本数が、7月現在までに累計20万本を達成したと発表した。同ソフトは、Web画面からのデータ保存やコピーの禁止、FDDやMOなどの外部メディアの操作禁止などの機能に

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社エフ・エフ・シーは、昨年9月から販売している情報漏洩防止ソフトウェア「InfoBarrier2」の販売本数が、7月現在までに累計20万本を達成したと発表した。同ソフトは、Web画面からのデータ保存やコピーの禁止、FDDやMOなどの外部メディアの操作禁止などの機能により、大規模イントラネットのクライアントPCからの情報漏洩を防止するもの。同社では、同製品の導入支援サービス、保守サービスを含めたコンサルティングサービスを展開している。

http://www.ffc.co.jp/news/2003/pl030702.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×