2003年上半期のウイルス報告結果を発表(ソフォス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

2003年上半期のウイルス報告結果を発表(ソフォス)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 ソフォス株式会社は7月7日、2003年上半期(1月〜6月)におけるウイルス被害状況をまとめた調査結果を発表した。同報告によると、新種ウイルスの大幅な増加が確認されている。2003年1月〜6月にソフォスが検出・駆除対応したウイルスは3,855種となっており、これは昨年の上半期に比べ、17.5%の増加となる。2003年1月以降最大の被害を引き起こしたウイルスは、6月初めに検出されたBugbear-Bワーム。ソフォスに報告されたウイルス感染のうち約12%を占めている。

http://www.sophos.co.jp/pressoffice/pressrel/20030630topten.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×