2003年上半期のウイルス報告結果を発表(ソフォス) | ScanNetSecurity
2022.12.07(水)

2003年上半期のウイルス報告結果を発表(ソフォス)

 ソフォス株式会社は7月7日、2003年上半期(1月〜6月)におけるウイルス被害状況をまとめた調査結果を発表した。同報告によると、新種ウイルスの大幅な増加が確認されている。2003年1月〜6月にソフォスが検出・駆除対応したウイルスは3,855種となっており、これは昨年の

製品・サービス・業界動向 業界動向
 ソフォス株式会社は7月7日、2003年上半期(1月〜6月)におけるウイルス被害状況をまとめた調査結果を発表した。同報告によると、新種ウイルスの大幅な増加が確認されている。2003年1月〜6月にソフォスが検出・駆除対応したウイルスは3,855種となっており、これは昨年の上半期に比べ、17.5%の増加となる。2003年1月以降最大の被害を引き起こしたウイルスは、6月初めに検出されたBugbear-Bワーム。ソフォスに報告されたウイルス感染のうち約12%を占めている。

http://www.sophos.co.jp/pressoffice/pressrel/20030630topten.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×