世界初、ギガビット対応の帯域管理装置を発売(シーティーシー・エスピー) | ScanNetSecurity
2022.12.07(水)

世界初、ギガビット対応の帯域管理装置を発売(シーティーシー・エスピー)

 シーティーシー・エスピー株式会社は6月26日、Allot Communications, Ltd.が開発した、帯域管理装置「NetEnforcer(ネットエンフォーサー)AC-1000シリーズ」を、7月1日より出荷開始すると発表した。今回の製品は、帯域管理装置「NetEnforcerシリーズ」を、新たに1ギガ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 シーティーシー・エスピー株式会社は6月26日、Allot Communications, Ltd.が開発した、帯域管理装置「NetEnforcer(ネットエンフォーサー)AC-1000シリーズ」を、7月1日より出荷開始すると発表した。今回の製品は、帯域管理装置「NetEnforcerシリーズ」を、新たに1ギガビットのスループットに対応したモデル。帯域管理専用の装置としては世界初のギガビット対応となる。また、制御ポリシーは最大80,000まで作成が可能なほか、Javaベースで組み上げられているWebインターフェースよりネットワーク利用状況を監視できる。同製品の価格は10,800,000円〜。

http://www.ctc-g.co.jp/~ctcsp/archive_news/nl20030626.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×