企業の電子メール利用状況に関する調査結果を発表(米クリアスウィフト) | ScanNetSecurity
2022.01.18(火)

企業の電子メール利用状況に関する調査結果を発表(米クリアスウィフト)

 米クリアスウィフトは6月17日、The ePolicy Instituteとの共同調査により、22%の企業が電子メールを不正に利用した従業員を解雇した経験があり、また社内ユーザは1日の労働時間の約25%を電子メールのやり取りに費やしていると発表した。  この調査は、Eポリシーの確

製品・サービス・業界動向 業界動向
 米クリアスウィフトは6月17日、The ePolicy Instituteとの共同調査により、22%の企業が電子メールを不正に利用した従業員を解雇した経験があり、また社内ユーザは1日の労働時間の約25%を電子メールのやり取りに費やしていると発表した。
 この調査は、Eポリシーの確立と従業員への教育、ソフトウェアによるポリシー適用の必要性を市場に訴える目的で実施されたもの。1,100社を超える米国の企業が調査に参加しており、回答者の14%は、会社が裁判所や規制当局から従業員の電子メールを提出するよう命じられた経験があるとのこと。また、回答者の47%の回答者は受け取る全メールのうち10%以上、7%の回答者は受け取る全メールの50%以上が迷惑メールであると答えている。
 2003年度の収集データによると、米国企業の半数以上(52%)が、従業員の電子メールを何らかの形で監視し、社内規則その他の方法により電子メール・ポリシーを適用しているとのこと。雇用主の90%は、電子メールの送受信を監視するソフトウェアを導入しているが、従業員間の内部的なメールのやり取りを監視する技術を用いている企業は19%に過ぎない。クリアスウィフトでは、電子メールのフィルタリングおよびポリシーを運用するためのソフトウェアとして「EnterpriseSuite」や「MIMEsweeper」といった製品を提供している。

http://www.clearswift.co.jp/news/press_030624.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×