企業向けグループウェアに電子認証サービスを追加(日立製作所、日本ベリサイン) | ScanNetSecurity
2022.10.01(土)

企業向けグループウェアに電子認証サービスを追加(日立製作所、日本ベリサイン)

 株式会社日立製作所は、日本ベリサインと提携し、ASP型インターネット・グループウェア「BROADNETBOXER」の企業向けサービスである「BOXER SUITE」や「BOXER GROUP+1」などに、セキュアなインターネット・グループウェア環境を提供する電子認証サービス「KEY2SECURE」

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社日立製作所は、日本ベリサインと提携し、ASP型インターネット・グループウェア「BROADNETBOXER」の企業向けサービスである「BOXER SUITE」や「BOXER GROUP+1」などに、セキュアなインターネット・グループウェア環境を提供する電子認証サービス「KEY2SECURE」をオプションとして追加した。日立では、日本ベリサインの電子認証局構築アウトソーシングサービスであるマネージドPKIサービス「VeriSign OnSite」を「BOXER」の認証局として採用し、社外からのログオン時などの個人認証やメール送信データの暗号化、さらに電子署名の付加などのサービスをユーザに提供する。料金は月額200円/1ユーザ。サービス提供は9月1日より。

http://www.verisign.co.jp/press/2003/pr255_hitachi.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×