企業向けグループウェアに電子認証サービスを追加(日立製作所、日本ベリサイン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.23(火)

企業向けグループウェアに電子認証サービスを追加(日立製作所、日本ベリサイン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社日立製作所は、日本ベリサインと提携し、ASP型インターネット・グループウェア「BROADNETBOXER」の企業向けサービスである「BOXER SUITE」や「BOXER GROUP+1」などに、セキュアなインターネット・グループウェア環境を提供する電子認証サービス「KEY2SECURE」をオプションとして追加した。日立では、日本ベリサインの電子認証局構築アウトソーシングサービスであるマネージドPKIサービス「VeriSign OnSite」を「BOXER」の認証局として採用し、社外からのログオン時などの個人認証やメール送信データの暗号化、さらに電子署名の付加などのサービスをユーザに提供する。料金は月額200円/1ユーザ。サービス提供は9月1日より。

http://www.verisign.co.jp/press/2003/pr255_hitachi.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×