英EMFシステムズがF-SecureアンチウィルスLinux版を採用(エフ・セキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

英EMFシステムズがF-SecureアンチウィルスLinux版を採用(エフ・セキュア)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 エフ・セキュア社は6月27日、E-MAILフィルタリングサービスASPの英EMFシステムズが、65万人ユーザへの不正コード防止サービスに、「F-Secureアンチウィルス Linux版」を採用したと発表した。「F-Secureアンチウイルス Linux版」は、Linuxで複数スキャンエンジン搭載によるウイルス検出を行う、ウィルス駆除性能と管理機能に優れたソリューション。エフ・セキュアは、EMFシステムズの中核業務であるE-MAILフィルタリングサービスにアンチウィルスソリューションを提供する。これにより、EMFシステムズは、3つのE-MAIL管理サービス(EMF Enterprise、EMF ISP、EMF Soho)にF-Secureアンチウイルスを配置し、ユーザはアンチウイルスソフトやフィルタリングソフトを個別にインストールする必要なく、ウイルス対策が可能となる。

http://www.f-secure.co.jp/news/200306271/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×