英EMFシステムズがF-SecureアンチウィルスLinux版を採用(エフ・セキュア) | ScanNetSecurity
2021.06.20(日)

英EMFシステムズがF-SecureアンチウィルスLinux版を採用(エフ・セキュア)

 エフ・セキュア社は6月27日、E-MAILフィルタリングサービスASPの英EMFシステムズが、65万人ユーザへの不正コード防止サービスに、「F-Secureアンチウィルス Linux版」を採用したと発表した。「F-Secureアンチウイルス Linux版」は、Linuxで複数スキャンエンジン搭載に

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 エフ・セキュア社は6月27日、E-MAILフィルタリングサービスASPの英EMFシステムズが、65万人ユーザへの不正コード防止サービスに、「F-Secureアンチウィルス Linux版」を採用したと発表した。「F-Secureアンチウイルス Linux版」は、Linuxで複数スキャンエンジン搭載によるウイルス検出を行う、ウィルス駆除性能と管理機能に優れたソリューション。エフ・セキュアは、EMFシステムズの中核業務であるE-MAILフィルタリングサービスにアンチウィルスソリューションを提供する。これにより、EMFシステムズは、3つのE-MAIL管理サービス(EMF Enterprise、EMF ISP、EMF Soho)にF-Secureアンチウイルスを配置し、ユーザはアンチウイルスソフトやフィルタリングソフトを個別にインストールする必要なく、ウイルス対策が可能となる。

http://www.f-secure.co.jp/news/200306271/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×